お知らせ

「安全・安心なまちづくりの実現」に向けたイベントや広報活動の状況を発信していきます。


七戸警察署一日警察署長

 令和3年11月25日(木)、日頃から警察活動にご協力頂いている七戸警察友の会役員の3名の方に七戸警察署1日警察署長を委嘱し、署内巡視や駐在所慰問を実施しました。



年金・医療費の還付金詐欺に注意!!

 令和2年中、七戸警察署管内の刑法犯認知件数は61件で、前年と比較すると3件減少しました。 しかし、いまだ侵入窃盗や車上ねらいの被害があることから、建物や車の確実な施錠をお願い致します。 特殊詐欺は、様々な手口で行われ、市民の生活を脅かしています。

 手口として、
  ● 市役所職員を名乗り、年金や医療費、保険料の還付があると騙り「携帯電話を持ってATMに行け」と話す。
  ● 「サイト利用料が未納です。」「個人情報が漏れています。」と騙り「電子マネーのカードを買って、その利用番号を教えろ。」
などがあります。

 特殊詐欺の被害に遭わないためには、
  ● 未納料金、裁判…と言われても「慌てない」
  ● 住所、氏名、暗証番号等…を聞かれても「教えない」
  ● メールやはがきの電話番号…には「連絡しない」
  ● 通帳、キャッシュカード…を他人に「渡さない」
を守り、必ず家族・友人・警察など誰かに相談してください。
  

  ● 留守番電話を活用するなど知らない電話には出ない

  ● 心当たりのないメールやメッセージには返信しない
 ようにお願い申し上げます。

撃退!コロナ詐欺

 全国的に、「コロナ対策で助成金が出るから口座の登録を。」とか、「カードと印鑑を準備して。」と現金をだまし取ろうとする電話のほか、「検査キットを送った。」とか「マスクを販売する。」というメールが送られていることが報告されています。

 これらは、詐欺の手口ですから、
  

  ○ 留守番電話を活用するなど知らない電話には出ない

  ○ 心当たりのないメールやメッセージには返信しない
 ようにお願い申し上げます。

 また、今後、各種経済支援に便乗し、「新型コロナウイルス支援資金」などの名目で、あたかも新型コロナウイルスの影響で経営に支障をきたしている会社や、収入が減った個人を救済するように装って、融資を持ちかけてくる可能性もあります。

 正規の業者は、融資に先立って現金を振り込ませることはありません。
 「お金を貸すので、先に保証金を振り込んでください。」は詐欺です。

 少しでも「おかしいな。不安だな。」と感じたら、警察署、交番、駐在所にご相談ください。
 これからも安全・安心なまちづくりの実現を目指してまいりますので、よろしくお願いします。