青森県内の警察署ホームページ七戸警察署 > 署長の部屋

署長の部屋

署長の部屋

■プロフィール

 平成30年3月23日付けで七戸警察署長として着任しました見世明久(みせあきひさ)53歳です。 
十和田市出身で、県南地方での勤務は初めてとなります。
趣味は軽登山、釣りです。最近、ジョギングもしており、ハーフマラソンを走りたいという目標を持っています。

 

<平成30年度の決意表明>

 全国的に刑法犯認知件数や交通人身事故発生件数が減少している中、当署管内は前年比でやや増加傾向にありますので、「見せる活動」を中心に、署員一丸となって犯罪や交通事故から住民を守り、安全安心を実感できる地域社会の実現を目指します。



  1月10日の110番の日を前に、管内のイオン七戸十和田駅前店において、「110番の日広報」を行い、110番の適正利用をお願いしました。
多くの皆様にお立ち寄りいただきありがとうございました。
 当署は警察官の姿を見せる活動を強化することで、住民に安心感を持っていただき、また、犯罪や交通事故を抑止したいと考えています。
パトロールや交通取締りをはじめ、積極的に姿を見せる活動を強化してまいりますので、今年もよろしくお願いします。

 110番の日広報活動状況1
 110番の日広報活動状況2

  12月に入り、七戸警察署管内で2件の交通死亡事故が発生しました。
 これ以上、悲惨な交通事故を発生させないために、東北町交通安全協会、七戸町交通安全母の会及び七戸町女性ドライバークラブのかたがたとともに交通事故防止を呼びかける緊急街頭活動を実施しました。
 運転手のかたは「夕暮れ時の早め点灯、ハイビームの活用」、歩行者のかたは「外出時の明るい服装、反射材の活用」などで交通事故に遭わないよう注意しましょう。

 街頭活動状況1
 街頭活動状況2

 12月19日、七戸町営スキー場の安全祈願祭に出席し、スキー場での無事故を祈願してきました。
 当署は、みなさんが安全で安心して出掛けられるよう、周辺道路で交通事故が起きないよう、交通事故防止に努めてまいります。
 みなさんも、冬道の安全運転「1・2・3(ワン・ツー・スリー)」
       1割以上のスピードダウン
       2倍以上の車間距離
       3分以上早めの出発
で、交通事故に遭わないよう十分注意しましょう。     

 七戸町営スキー場安全祈願祭の状況