トップ青森県内の警察署ホームページむつ警察署 > 署長の部屋

署長の部屋

署長の部屋

■プロフィール

3月11日付けでむつ警察署長として着任した
 関 重雄(せき しげお)57歳
です。
青森市出身で、むつ警察署での勤務は今回で2回目になります。
趣味は旅行で、車でのんびりといろいろな場所を観光するのが好きです。これからは釣りにも挑戦したいと思っています。

むつ警察署長
     

2019年度の決意表明

管内の皆さんが安全・安心を実感できるように、子どもと高齢者の事故防止や飲酒運転の根絶対策などに重点的に取り組み、交通死亡事故を抑止するとともに、特殊詐欺事件や身近な犯罪等を防止するために、警察官の姿を見せる活動を強力に推進したいと思います。
また、事件事故発生時には早期に犯人を検挙する力強い警察を確立していきたいと思います。

 

 

■署長のつぶやき 

6月7日、むつ市内において、平成17年6月16日に発生したむつ市川内町での女性殺人事件に関する情報提供を呼びかけました。発生時から継続して捜査を行っていますが、いまだに犯人検挙には至っていません。
事件当日、不審な人物、車を見かけませんでしたか。
事件後、行動がおかしい人はいませんでしたか。
事件に関する情報を持っているかたは、警察署へ連絡下さい。
みなさんのご協力をお願いします。



署員または配偶者の出産や育児等のため、休暇を取得しやすい職場環境づくりに向け、署長以下各幹部が、「イクボス・フォロワーズ宣言書」を作成しました。これは、幹部職員自らが意識改革をし、署員の休暇の取得促進、子育ての支援等を推進することが目的です。
実際、配偶者が出産した職員で、1か月程度の休暇を取得し、育児に専念している人もいます。
幹部によるイクボス宣言状況