トップ > 警務部  > 広報課  > がんばれ!青森県警!

がんばれ!青森県警!

がんばれ!青森県警!

Do your best!Aomori Prefectural Police!

■応援メッセージ

県民の皆さんから寄せられた青森県警への応援メッセージ、手紙等を紹介します。
なお、氏名は匿名で、住所は市町村名のみ、性別、年齢(年代)を掲載します。
掲載するメッセージは、こちらで抽出させていただきます。
メッセージに対するお礼のお手紙、返信は省略させていただきますのでご了承ください。




リンク矢印応援メッセージ送信フォーム



■応援メッセージの紹介


山岳遭難救助に感謝【平成30年6月 東青津軽地域在住 女性】


岩木山下山途中、道に迷い救助を依頼した者ですが、助けて頂いたお礼の言葉を伝えたくメールをしました。
救助のヘリコプターの操縦席に2名、救助に当たって頂いた方3名の全部で5名が居たことを鮮明に覚えております。
今はとても反省し、今後、もっと登山に対する知識を身に付け、慎重な計画登山をしたいと思います。
また、交番勤務の若い女性警察官と男性警察官にも大変お世話になり、心より感謝しております。ありがとうございました。
日々、ご多忙な事と思いますが、皆様には健康に留意して、これからの子供たちの為にも、仕事に邁進して下さいますよう心よりお祈りいたします。


警察官が子供に手を振ってくれて感謝(平成29年10月 三八上北地域在住 男性)


いつも市民のために働いていただき感謝しています。
私には2歳の子供がいるのですが、今はパトカーや消防車といった働く車に興味を持っているようです。
先日、三沢市内を子供と車で走っていると、前からパトカーが来たので、子供に手を振ってごらんと促すと、思いもよらずパトカーに乗っていた警察官の方もこれでもかと大きく手を振っていただき、子供も感謝していました。それからというものパトカーを見るたびに手を振っているようです。
この度は、子供があまりにも喜んでいたので、コメントを書かせていただきました。秋の交通安全運動中で大変だと思いますが、お身体に気をつけてください。


県警察観閲式に感動(平成29年6月 東青津軽地域在住)


県警察官による観閲式を観る機会がありました。
直接お世話になった事は今までないものの、それぞれ持ち場で任務に当っている姿は、日常生活の場やテレビ、新聞等で知る場はたくさんあり、感謝の気持ちは持っておりました。
ですが、観閲式での警察官の一連の流れに沿って行進や敬礼等の規律ある真摯な行動に胸が熱くなり、こみ上げるものがありました。まさしく感動するという言葉に値する事でした。一糸乱れることのない、それぞれの隊と進行に携わるかたがたとの絆を観ている市民に伝わってきました。市民、県民を守る、そして守られている感情が一層深まった場であったと感謝の気持ちと共に一層の研さんを積み立派な警察官へと声援を送ります。益々のご活躍を祈念致します。ありがとうございました。


交通事故の対応に感謝【平成28年5月 東青津軽地域在住 女性】


夕刻の交通事故でお世話になりました、Z男の娘です。
この度、父が一命を取り留めることができましたのも、事故現場を通りかかった警察官のかたのお陰です。家族一同、心よりお礼申し上げます。
父は、先日、集中治療室から一般病棟へ移ることができました。
父の後方をパトカーで走行中だった警察官のかたが即座に対応して下さった旨を父に話したところ、車内で動けない状況の自分に声をかけて励ましてくれ、驚異のスピードで救急車が来てくれるなど、とても手際よく対応して下さったと深く感謝しておりました。
怪我が重く、歩けるようになるまで最短で半年はかかると医師に言われ、長期の加療が必要な状況ですが、警察のかたに助けて頂いた命です。父の気持ちが滅入らないように、家族全員で協力し、サポートしていきたいと思います。
家族を代表しましてお礼申し上げます。本当にこの度はありがとうございました。


山菜採り遭難救助に感謝【平成28年5月 弘南津軽地域在住 70代 男性】


妻と二人でタケノコ採りに入山し、下山する途中で迷ってしまい、携帯電話で110番通報しました。 翌朝、捜索のヘリコプターに発見していただき無事に救助していただきました。
一時は、死も頭をよぎりました。警察の危険を顧みない賢明な行動とお力添えにより何とか大事に至りませんでしたが、ただただ感謝の気持ちで一杯であります。
感謝の気持ちを言い尽くせませんが、心よりお礼を申し上げ、お詫びを申し上げます。


沼に転落した夫の救出に感謝【平成28年3月 東青津軽地域在住 女性】


主人が泥酔の上、誤って道路下に落ちて下半身が水につかったと携帯電話で自宅に助けを求めてきましたが、場所が分からず警察に助けを求めました。
お陰様で、道路から約3メートル下の、沼に堆積した雪の上に転落していた主人を発見していただき、救出していただきました。このご恩は決して忘れません。本当にありがとうございました。
主人は外傷はありませんでしたが、低体温症で発見が遅れていれば死んでいたかも知れません。素早い対応で、本当に感謝しております。
今、風邪の症状はありますが、日常生活には何ら支障がなく暮らしております。
家に来てくれた警察官のかたには、優しい態度と適切な指導のおかげで、私たちも冷静になることができました。気が動転していて、失礼な言動があったかも知れませんが、お許し下さい。
又、現場で主人を救出して下さった署員の皆様に、改めて感謝申し上げます。


自損事故の対応に感謝【平成28年1月 三八地域在住 80歳代 夫妻】


広域農道を走行中、スリップして前輪を路外逸脱してしまい、ロードサービスの会社に連絡していたところに、パトカーが通りかかりました。
パトカーの警察官は、ロードサービス会社の車が到着するまでの間、「寒いから乗っていて下さい」と言って、パトカーの車内で暖まらせてくれ、更に、カーブで路面凍結した危険な場所で、寒い中、約2時間もの長い間、ずっと交通整理をしてくれました。
スリップした時は、とても不安でしたが、警察官が付いていてくれて安心でしたし、本当に助かりました。妻も「涙が出るほどうれしかった」と話しています。
ありがとうございました。



警察庁応援メッセージ

(警察庁ホームページへリンクします)