トップ > 警務部  > 広報課  > 警察安全相談窓口

警察安全相談窓口

警察安全相談窓口

Police safety consultation window


 ● 見知らぬ人や、別れた相手に付きまとわれて困っている
 ● 夫や、交際中の相手の暴力に悩んでいる
 ● 子供の行動や、非行のことで悩んでいる
 ● 暴力団の嫌がらせや、被害にあった
 ● 悪質商法の被害にあって困っている
 ● 知人や親族が覚せい剤を使用しているようだ
 ● 身に覚えのないサイト利用料金を請求されている
 ● 不審なパンフレットが送られてきた
 ● 不審な電話がかかってくる

 このような相談ごとや、警察活動に関するご意見・ご要望などに専門の相談員が対応します。




■警察安全相談窓口

県警察本部 警察安全相談室

017-735-9110 または #9110

直接訪問、相談したいかたは、警察本部(警察安全相談室)においでください。


各警察署 警察安全相談窓口

各警察署に電話、又は来庁のうえ「警察安全相談窓口」とご指定ください。


受付時間

警察本部と各警察署の相談窓口は、ともに、土曜、日曜、祝日を問わず一日中相談を受け付けています。ただし、当直体制中は、その日の当直警察官が相談をお受けします。



■警察安全相談とは

犯罪などによる被害の未然防止に関する相談・県民の安全と平穏に関する相談のことを言います。

過去に青森県警察で受理した相談を見ると、「離婚の話し合いがまとまりません。親権を取り返したい。」「パート先や出稼ぎ先が、賃金を払ってくれない。」などといった、警察以外の専門の相談機関に直接相談したほうが、早期の解決につながると思われる相談が多数ありました。

このようなことから、警察が本来の業務として取り組むべき相談業務を明確にするため、これまで「困りごと相談」と呼んでいた相談業務を「警察安全相談」と呼んでいます。

警察では、みなさんからの相談等に適切に対応して、その解決に努めることにしており、相談の内容によっては、他の相談窓口を紹介することもあります。
相談するみなさんも、より適切なアドバイスの受けられる専門の相談窓口を選んで相談しては、いかがでしょうか。



各種相談窓口

警察安全相談以外にも、様々な機関が相談窓口を設けています。速やかな解決を望むのであれば、相談内容に応じた窓口を選ぶことも大切です。







警察安全相談取扱状況

平成28年

平成27年

平成26年

平成25年

平成24年

相談件数

21,859

21,115

19,199

18,778

15,975


   
平成24年から平成28年の相談件数の棒グラフの画像