トップ > 警務部  > 広報課  > 事件・事故メモ

事件・事故メモ

事件・事故メモ

Crime accident memo

■5月26日(金曜日)掲載

■特殊詐欺に発展するおそれのある不審電話の発生(生活安全企画課ほか)

5月24日午後7時30分ころから翌25日午前11時20分ころにかけて、青森市の70歳代と80歳代の男性に対する特殊詐欺に発展するおそれのある不審電話が2件確認された。
【内容】■息子の名前を名乗る男から「風邪でへんとう腺を傷めている。明日10時ころ家にいるか。」と電話があった。翌日、男から再び電話があり、「病院に行って喉が楽になった。会社の経理の女の子と一緒に株に手を出して会社の伝票操作して会社の金を使い込んでしまった。明日、税務署の査察が入るのでそれまでに305万円を準備できないか。振り込みではなく、取りに行く。」などと言われた。■息子の名前を名乗る男から「風邪をひいて喉が変だ。仕事場に携帯を忘れた。」と電話があった。翌日、男から再び電話があり、「病院へ行ったら喉をやられているらしい。ちょっと話したいことがある。」などと言われたため、「熱があると大変だから私がそっちへ行く」と話したところ、電話を切断された。

■覚せい剤取締法違反事件被疑者の逮捕(八戸署・機動捜査隊)

5月15日午前10時41分、八戸市大字白銀町の男(無職・46歳)を逮捕した。男は、5月15日午前9時35分ころ、八戸市の一般住宅で、覚せい剤約0.278グラムを所持した。


■5月25日(木曜日)掲載

■物置小屋火災の発生(弘前署)

5月25日午前0時25分ころ、弘前市の木造一部2階建ての物置小屋(同市居住・無職・70歳・女性所有)約160平方メートルから出火し、同物置小屋を半焼した。

■サイト利用料名目の特殊詐欺(架空請求)事件の発生(外ヶ浜署)

5月23日、東津軽郡居住の男性(30歳代)の携帯電話に「情報サイトに閲覧履歴があり未納金が発生している。本日連絡がない場合、法的手続きに移行する」と記載されたショートメールが届いた。男性がショートメールに記載された「情報サイト相談窓口」に連絡すると、DMMのコンドウを名乗る男から「ネット協会に問い合わせたところ有料サイト登録がある。登録を解除するために延滞金10万円の支払いを。」などと言われた。男性はコンドウの指示通り、東津軽郡内のコンビニエンスストアで10万円分の電子マネーを購入し、シリアル番号を教え、電子マネー利用権10万円分をだまし取られた。