トップ青森県内の警察署ホームページ弘前警察署 > 交通警察

交通警察

交通警察

交通事故発生状況

交通事故発生件数

発生件数グラフ

交通事故死者数

死者数グラフ

交通事故傷者数

傷者数グラフ



弘前警察署管内の交通死亡事故の概要(平成27年)

●死者2人
軽自動車が二車線道路の左側車線を進行中、歩行者と衝突し、歩行者が死亡
自動二輪車が緩い左カーブで転倒し、運転者が死亡




弘前警察署管内における「交通事故多発交差点マップ」(平成26年中)

弘前地区安全運転管理者協会作成のものです。


PDF
交通事故多発交差点マップ(PDF:676KB)



子どもを交通事故から守ろう

弘前警察署管内の子どもの交通事故発生状況

平成27年中の交通事故による子どもの死者はゼロで、平成15年から12年連続ゼロとなっています。
子どもの交通事故のうち、傷者の学年別を見てみますと
      幼児      8人 (前年比 2人増加)
      小学生   18人 (前年比 5人増加)
      中学生    9人 (前年比 1人減少)
となっています。



ドライバーのみなさんにお願い

子供には、身長が低い、視野が狭い、一つのことに夢中になると他が目に入らなくなる等の特性があります。ドライバーのみなさんは、通学路や学校の付近、住宅街ではスピードを落とし、安全運転を心掛けてください。
また、駐車車両や塀の陰、見通しの悪い交差点などでは「飛び出し」に備え、十分に安全を確認し、徐行してください。
親と一緒の子供は、親と一緒であることに安心して危険な行動をとりがちです。
親と一緒だからといって油断せず、十分注意してください。
  「子どもを見たら減速の準備」
と考えてください。



保護者のみなさんへお願い

保護者のみなさんには、通学路の安全点検をお願いします。その時、子供の目の高さで危険がないかどうかを確認し、具体的に子供に指導してください。
指導にあたっては、子供自身に考えさせ、ほめることが必要です。
そして、何よりも、親は子供にとって一番身近な存在ですから、良いお手本となっていただきたいと思います。



高齢者の交通事故防止について

弘前警察署管内の高齢者の交通事故発生状況

平成27年中の交通事故による高齢者(65歳から)の死者数は1人、傷者数は146人となっています。



ドライバーのみなさんにお願い

1 前方・左右の安全確認
2 高齢者に対する思いやり運転の励行に努めましょう。



高齢者のみなさんへお願い

1 道路を横断する時の左右の確認
2 夜間外出時の反射材の活用に努めましょう。




許可(規制・車庫証明)

弘前警察署交通第二課では以下の申請手続きを行っています。申請書の様式については各項目をクリックしてください。
 ○保管場所(車庫)証明の手続き(軽自動車届出含む)
 ○道路使用許可の手続き
 ○制限外積載許可の手続き
 ○通行禁止場所通行許可の手続き(スクールゾーン・大型貨物通行禁止場所の通行など)
 ○駐車禁止除外指定車標章
 ○緊急自動車届出
 ○道路維持作業用自動車届出
 ○専用場所駐車標章(高齢運転者等専用駐車区間)
受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までの間(土曜・日曜・祝日及び年末年始を除く)となっています。
しかし、車庫証明及び道路使用許可申請の際には、青森県収入証紙(県証紙)による申請手数料が必要であり、警察署内の弘前交通安全協会での県証紙の売りさばき時間が
 平日の午前8時30分から午44時30分までの間(土曜・日曜・祝日及び年末年始を除く)
となっていますので、午後4時30分以降の申請は、県証紙を持参のうえ、申請するようお願いします。
また、申請から各種許可証交付まで、数日を要しますので、余裕をもって申請してください。


各種申請についての詳しい内容は
      警察本部ホームページ内の交通部交通規制課へ
各種申請のご不明な点については、
      弘前警察署交通第二課 許可窓口 0172-32-0111
平日の午前8時30分から午後5時15分までに、直接または電話にてお問い合わせください。




交通規制情報

「ゾーン30」のお知らせ

平成29年3月から、弘前警察署管内の「ゾーン30」規制区域を2区間新設しました。
その区域は、青山地区(北小学校周辺)と御幸町地区(大成小学校周辺)です。【地図1、地図2参照】
「ゾーン30」とは、生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域(ゾーン)を定めて最高速度時速30キロの速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン30内の速度抑制や、ゾーン30内を抜け道とする通行車両の抑制等を図る生活道路です。

「ゾーン30」始まり道路には、次のような規制標識と道路標示があります。
 運転者の皆さんは、ゾーン30規制区間内は、時速30キロメートル以下で走行し、用事のある方以外の抜け道としての通行をご遠慮ください。
 また、路側帯標示等、道路管理者の交通安全対策も講じております。

皆様のご理解とご協力をお願いします。


規制標識の設置例(ゾーン30の入口)
出口には、下部文字盤に「ここまで」と表示

道路標示の例(ゾーン30の入口)

ゾーン30規制標識 ゾーン30道路標識

【地図1(青山地区ゾーン30)】

【地図2(御幸町地区ゾーン30)】

青山地区ゾーン30 御幸町地区ゾーン30

弘前警察署管内では、平成25年12月から「ゾーン30」を実施しており、上記2地区のほか、
・早稲田地区(福村小学校付近)
・城西地区(城西小学校付近)
・豊田地区(豊田小学校付近)
・城東五丁目地区(東小学校付近)
  の4地区があります。