トップ青森県内の警察署ホームページ弘前警察署 > 署長の部屋

署長の部屋

署長の部屋


署長プロフィール

3月11日付けで9年ぶり3度目の着任となりました
   青山 孝浩(あおやま たかひろ) 55歳
です。
五所川原市(旧市浦村)出身、弘前市は高校時代に下宿をしながら過ごした第二のふる里、趣味の野球、ゴルフを楽しみたいと思います。


2019年度の決意表明

城、桜、岩木山、歴史、文化、伝統のある弘前へ来たからには、
  記録より、記憶に残る署長
となるよう藩都弘前市のため、全力投球で臨みます。


10月7日(月)

アップルマラソンゲストランナーの吉田香織選手を1日警察署長にお迎えし「走ることから学んだこと」をテーマに講話していただきました。これまでに体験したレースのことや、アスリートとして
 ・毎日トレーニングして筋力UP
 ・バランスのいい食生活で体調管理
 ・走ることの楽しさをみんなに広めたい
と話されました。
来年は、富士登山競走山頂コースへチャレンジするとのことですので、皆で応援したいと思います。

 吉田選手
記念写真

9月18日(水)

部外講師として、元青森県警察学校副校長、青森県立弘前中央高等学校長を務めた秋田具美氏を招き、職務倫理に関する講話をしていただきました。
話の内容は、オリンピックや戦争の英傑のエピソード、元号に関することなど多岐にわたり、貴重な機会となりました。
講演の様子

9月5日(木)

県下警察拳銃射撃競技大会が行われ、当署は団体A組3位入賞、個人では2名がそれぞれ1位と3位を受賞しました。
各選手の健闘をたたえ、喜びを分かち合いました。
 
 
記念撮影

7月25日(木)

私の母校である弘前南高等学校の生徒20人が職場訪問のため来署しました。
約40年前の自身の高校時代を振り返るとともに、後輩には将来のことを考えて行動するよう呼び掛けました。
署長講話

6月21日(金)


G20大阪サミットに出動する弘前方面の隊員(50名)の出発式を行いました。
国際的にも注目される警備に従事する心構えや、健康管理を指示し、見送りました。
       

5月26日(日)

市民の皆さんに警察の活動を知ってもらう
ため、弘前市のマスコットキャラクター
「たか丸くん」を一日警察署長に委嘱し、
「オープンポリス」を開催しました。
警察車両展示や鑑識体験、警察犬の臭気選別など様々なコーナーを設け、市民の皆さんとふれあうことができました。
また、自らアイスクリーム屋(じじへらアイス)を開店して、来店者に無料提供し、笑顔で受け取る子供たちを見て、逆にうれしさが込み上げてきました。
たか丸くんとアピレピと警察のみなさん
鑑識体験とフリートーキング
じじへらアイス

5月15日(水)

山岳遭難防止協会の皆さんと共に、遭難防止と熊の出没に注意を促す立て看板を設置しました。「熊も遭難も気ぃつけてけな!」 立て看板と署長

4月20日(土)

弘前さくらまつり開催初日、雑踏警備出動式を行いました。
交通指導隊、シルバーポリス、少年警察ボランティアなどの団体約70名の協力をいただき、まつりの安全な催行のために署員一丸となって警備いたします。

視謁式
出動式

4月4日(木)

今年度の青森県少年サポートボランティア
「picot弘前」の皆さん(東北女子大学6名、弘前大学4名)に委嘱状を交付しました。

今後、少年警察ボランティアの皆さんと
一緒に、児童の登下校の見守りや、万引き等の少年非行防止、学習支援等の立ち直り支援などの活動で活躍が期待されます。
委嘱状交付式1委嘱状交付式2

3月22日(金)

弘前警察署が交通死亡事故皆無日数100日を達成しました。
平成30年12月10日から平成31年3月19日まで交通死亡事故が発生していないという素晴らしい記録です。
これからも交通ルールを守り、交通事故防止に努めましょう。