トップ > 警備部  > 警備第二課  > 災害時の交通規制について

災害時の交通規制について

災害時の交通規制について

 青森県警察では、大きな地震等自然災害が発生した時には、人命救助や各種物資の輸送などのため、道路の交通規制を行います。
 また、被災地に向かう緊急車両の通行を確保するため、路線を指定して緊急通行車両以外の交通規制を実施します。

 ※ 緊急交通路の指定予定路線(青森県警察交通部交通規制課のページにリンクします)

警察官による交通規制の状況

 

車を運転中のみなさんへ

 災害が発生した場合には、人命救助、避難誘導、消火活動等のために、パトカー、消防車、救急車、自衛隊車両等の緊急自動車を優先して通行させ、より多くの被災者の救助・救護に当たらなければなりません。
                     
 そこで一般車両の通行を禁止し、緊急通行車両に限って通行できる交通規制を実施します。この場合、規制区間では、一般車両の通行はできません。また、区域を定めて規制した場合は、区域全域の道路をクリアにするため、車両は道路外の場所へ移動しなければなりません。
                     
 災害発生時には、肉親・知人の安否や会社のことが心配でつい車を使って様子を見に行ったり、物を届けたくなったりしますが、このような時に車の使用は厳禁です。

 あなた自身が渋滞で身動きがとれなると同時に、急通行車両の通行を妨害し、災害を大きくする原因となってしまいます。
                     

車の運転を控えましょう

 地震等の災害が発生した時に車を運転中の場合、
  ●車を道路左側に停車し、カーラジオ等により情報を聞き、周囲の状況に応じて行動する。
  ●車を置いて避難する場合は、道路外へ移動しておく。
  ●やむを得ず道路に置く場合には、エンジンを切り、キーは付けたまま、窓を閉め、ドアロッ
   クはしない。この場合でも、避難や応急対策の妨害となるような場所には駐車しないこと。
などの措置を取りましょう。