トップ > 交通部  > 高速道路交通警察隊 > 危険!!「あおり運転」やめましょう!

危険!!「あおり運転」やめましょう!

危険!!「あおり運転」やめましょう!

■「あおり運転」はやめましょう

平成29年6月に神奈川県内の東名高速道路で、「あおり運転」を起因とする交通死亡事故が発生しました。これを契機に、全国的に「あおり運転」が大きな問題となっています。
警察では「あおり運転」等の悪質・危険な行為に対して厳正な捜査を徹底するとともに、積極的な交通取締りを推進しています。



■「あおり運転」とは?

「あおり運転」とは、他の他の車両に対して
■異常接近して追い立てる
■不必要な急ブレーキをかける
■急に割り込む
■左側から追い越す
■クラクションやハイビームで威嚇する
■幅寄せをする
などの危険な行為のことで、重大な交通事故につながるおそれのある悪質・危険な行為です。


あおり運転イラスト


■「あおり運転」は、法律違反です

「あおり運転」は、道路交通法違反のみならず、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、刑法の暴行罪等が成立する場合があります。
例えば・・・
●異常接近をして追い立てる → 車間距離不保持(道路交通法第26条)
●不必要な急ブレーキをかける → 急ブレーキ禁止違反(道路交通法第24条)
●急に割り込む → 進路変更禁止違反(道路交通法第26条の2第2項)
●左側から追い越す → 追い越し違反(道路交通法第28条) 
●執拗にクラクションを鳴らす → 警音器使用制限違反(道路交通法第54条第2項)
●幅寄せをする → 安全運転義務違反(道路交通法第70条)初心運転者等保護義務違反(道路交通法第71条第5号の4)

このほか、「あおり運転」により交通事故を起こし相手を死傷させた場合は、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも該当することがあります。

■「あおり運転」を受けた時の対処方法

●安全な場所から110番
高速道路上は大変危険です。路上や路肩に停止すること無く近くのサービスエリアやパーキングエリア等安全な場所に停車してから110番通報してください。
●ドアをロックして車外に出ない
相手の挑発に乗らずに、ドアをロックして車外に出ないようにしましょう。



■気持ちに余裕を持った、思いやり・ゆずり合いの運転を

常に時間に余裕を持った行動を心がけ、運転の際には周囲の車の動きに注意して思いやりの気持ちを持ってゆずり合いの運転をすることが大切です。
前方の車との車間距離を十分に取り、速度は抑えめに、安全運転を心がけてください。

パトカーのイラスト