トップ >  会計課 >  落とし物・拾い物

落とし物・拾い物

落とし物・拾い物

■落とし物をしたときは?

最寄りの警察署、交番、駐在所に届出しましょう。警察では「遺失届出書」により受理します。届出をしていると、落とし物が警察に届けられた場合にご連絡することができます。

駅やデパートなどの施設で、なくした場合は、施設で一定期間保管されている場合がありますので、施設の管理者に問い合わせてみてください。

携帯電話やクレジットカード、キャッシュカードなどを落とした場合は、すぐに取扱会社、銀行などに連絡しましょう。

警察に届けられた落とし物に関する情報は、インターネットで検索することができます。


警察に届けられた落とし物は、3か月間保管されます。

落とし物を受け取る場合は、受け取ることができる時間、手続きに必要な物などに関して、落とし物を保管している警察署の会計課へお問い合わせください。



■道で落とし物を拾ったときは?

速やかに最寄りの警察署、交番、駐在所に届けましょう。

拾得の日から1週間以内に届出しなかった場合、

 

費用を請求する権利(届出するまでにかかった交通費や保管の費用を請求する)

 

報労金を受ける権利(物の価格の5~20パーセントに相当するお礼を受ける)

 

所有権を取得する権利(落とした人が判明しない場合、3か月後に物を受け取る)を失いますのでご注意ください。

 

遺失物法第4条第1項
拾得者は、速やかに、拾得した物件を遺失者に返還し、又は警察署長に提出しなければならない。


■施設内で落とし物を拾ったときは?

駅やデパートなどの施設で落とし物を拾ったときは、駅員や従業員などを通じて、施設を管理している人に届けましょう。

拾得の時から24時間以内に、施設の管理者に届出しなかった場合、

 

費用を請求する権利(届出するまでにかかった交通費や保管の費用を請求する)

 

報労金を受ける権利(物の価格の2.5~10パーセントに相当するお礼を受ける)

 

所有権を取得する権利(落とした人が判明しない場合、3か月後に物を受け取る)を失いますのでご注意ください。

 

遺失物法第4条第2項
施設において物件の拾得をした拾得者は、遺失物法第4条第1項の規定にかかわらず、速やかに、当該物件を当該施設の施設占有者に交付しなければならない。