トップ青森県内の警察署ホームページつがる警察署 > 署長の部屋

署長の部屋

署長の部屋

Chief's Room
     

プロフィール

つがる警察署長の
 古川 昭治(こがわ しょうはる)
です。
中泊町(旧中里町)出身。中里高校卒業の54歳です。
趣味は、ジョギングとマラソン大会出場です。

 
警察署長


決意表明(3月23日)

つがる市民の皆さんと一緒に
  安全・安心を実感できるつがる市の実現
に向け、事件・事故の抑止に努めます。
 また、平成31年3月には、つがる警察署の新庁舎が竣工する予定です。駐車場の拡張など、皆さんの利便性のよいものを目指します。



つがーるちゃんの一日警察署長(11月20日)

つがる市のマスコットキャラクター「つがーるちゃん」が、一日警察署長を務めました。
当日は、つがる警察官友の会会員の子どもたちも参加し、警察署内の見学やパトカーに乗車するなど、警察活動の一部を体験しました。
つがーるちゃん署長は、署員の服装点検をした他、書類に決裁もしました。
皆さんの敬礼が決まっています。
つがーるちゃんとの記念撮影も行い、思い出に残る一日となりました。
 
つがーるちゃん一日警察署長1
つがーるちゃん一日警察署長2


出産祝い(11月12日)

10月17日に男の子が誕生した署員に対し、朝礼で署員一同からの出産祝いを手渡しました。
イクメンのため、子供が生まれる時の休暇として配偶者出産休暇(3日)、育児参加休暇(5日)があるほか、小学生までの子を養育している人には、子の看護休暇が一人の子につき5日あります。
どんどん活用してほしいと思います。

 
出産祝い


夕暮れ時から夜間における交通事故防止対策会議(10月2日)

9月22日未明、つがる市森田町の国道101号において男女4人が亡くなる交通死亡事故が発生したことから、今後の交通事故を防止するため、警察及び交通安全関係団体が集まり、今後の国道101号における夕暮れ時から夜間にかけての交通事故防止対策について検討しました。

 
交通事故防止対策会議


秋の全国交通安全運動に伴う出動式(9月19日)

「秋の全国交通安全運動」に先立ち、イオンモールつがる柏において出動式を行い、交通指導隊とパトカーが市内のパトロールに出動しました。
出動式を見送りした参加者からは、警察官や交通指導隊の方が一斉に出動する姿が頼もしく思えた、事故をなくすため、頑張って下さい、と激励の言葉がありました。
 
秋の全国交通安全運動出動式


交通死亡事故現場診断(9月13日)

8月27日(月曜日)、つがる市牛潟町の市道で、出会い頭の衝突で、同乗者の方が亡くなる交通事故が発生したことから、事故の再発を防止するため現場診断を行いました。
参加した交通安全関係各団体の皆さんからは、
  交差点内にドットラインをつけたらどうか
  信号機を設置したらどうか
  のぼり旗や看板を設置し、注意喚起をするべき
などの意見が出されました。
交通死亡事故現場診断


地域安全ウォーキングin車力(9月8日)

9月8日、地域の安全・安心まちづくりの一環として、「地域安全ウォーキングin車力」に参加しました。
秋空の下、つがる市豊富町の「むらおこし拠点館フラット」をスタートし、5㎞のコースを歩いた後、名産の砂丘麦とろ飯と、しじみ汁をいただき、署員間の交流を図ることができました。
 
地域安全ウォーキング


つがる市少年防犯弁論大会(9月3日)

9月3日、つがる市立木造中学校において開催された「つがる市少年防犯弁論大会」に審査員として出席しました。
つがる市内の木造・森田・稲垣・柏・車力の各中学校から選ばれた生徒の発表はいずれも素晴らしいものでした。
社会の一員としての責任を自覚し、今後の活躍を期待しています。
 
防犯弁論大会


出産祝い(8月31日)

7月29日に女の子が誕生した署員に対し、朝礼で署員一同からの出産祝いを手渡しました。
子供が生まれる時の休暇として配偶者出産休暇(3日)、育児参加休暇(5日)があるほか、小学生までの子を養育している人には、子の看護休暇が一人の子につき5日あります。
どんどん活用活用してほしいと思います。
 
出産祝い


安全運転事業所に表彰(7月2日)

無事故・無違反率の優秀な事業所へ自動車安全運転センターと青森県警察本部の連名で表彰状を手渡しました。
この表彰は、事業所が悲惨な交通事故の防止に積極的に取り組むことを側面から支援し、讃えることにより、県内における交通事故の抑止に大きく寄与しようとするものです。
 
安全運転表彰


花の日訪問(6月13日)

木造保育所の子ども達が、かわいいお花を持参し、訪問しました。パトカーなどを見学して、興味津々です。
将来この中から、警察官を目指してくれたらいいなと思います。
 
職場訪問


つがる市おやこウォークin地球村(4月29日)

4月29日、職員の健康管理と家族間の交流の一環として「つがる市おやこウォークin地球村」に参加しました。
10・6・3キロのコースに別れ、ウォーキングをした後、昼食会で交流を深めました。

 
森田ウォーキング


保育園児による交通安全呼びかけ活動について(4月12日)

通行車両に対し保育園児による「安全お願いします。」の呼びかけと共に同父兄が制作したマスコットを配布し、交通マナーアップと交通安全運動のPRを図りました。
 
呼びかけ活動状況


警察協力功労者等表彰式(1月25日)

平成29年中に防犯活動や交通安全ボランティアなどを通じつがる警察署の業務運営に特段の御支援、御協力をいただいた個人と団体の皆様に対し、警察署長感謝状を贈呈しました。
また、それぞれの担当分野で誠心誠意業務を遂行し、つがる市の安全・安心の確保に功労があった職員も表彰しました。
今後も引き続き、地域の皆様のご協力を得ながら、安全で安心して生活できる、つがる市の実現に取り組んでまいります。


警察協力功労者等表彰式警察協力功労者等表彰式



「110番の日」広報(1月8日)

1月10日は「110番の日」です。
1月8日には、イオンモール柏において、110番通報の正しい使い方の広報活動を行いました。
今年は、青森県警シンボルマスコット「レピーちゃん」に加え、つがる市マスコットキャラクター・田畑の妖精「つがーるちゃん」に応援してもらい、大盛況でした。

つがる警察署の窓からも、「つがーるちゃん」がのぞいています。
 
110番の日」広報開催状況つがる警察署の窓



JUMPチームの一日警察署長 (12月15日)

つがる市立木造中学校JUMPチームの6人が、一日警察署長を務め、警察活動の一部を体験しました。
警察官の制服姿も凜々しい男子3人女子3人は、警察署内の見学と警察官の携帯品の点検を行ったほか、年金支給日の銀行を訪問して、特殊詐欺の防止広報などを行いました。

 
1日警察署長



警察署新築工事始まる(11月20日)

11月に入り、つがる市消防本部の隣、旧あかね公園の敷地で、新しいつがる警察署を建てる工事が始まりました。
雪の降る中も工事は続けられ、建物自体の完成予定は来年の12月、警察署としての業務開始は再来年の春からの見通しです。
随時、工事の進捗状況をこのページでお知らせしたいと思います。
近隣にお住まいの方々には、ご迷惑をお掛けすることもあろうかと思いますが、なにとぞご理解のほどお願いします。




新築工事新築工事


青森県老人クラブ芸能発表大会(9月27日)

リンクステーションホール青森で行われた、「青森県老人クラブ芸能発表大会」に、つがる柏上派立地区老人クラブ寿会会員6人と当署地域課員が出場し、約1,000人の観客を前に特殊詐欺被害防止のための寸劇を上演しました。
特殊詐欺の被害に遭い易い高齢者が、自ら寸劇を上演して同年代の詐欺被害を防ごうという心意気に感服しました。

 



つがる市少年防犯弁論大会 (9月20日)

9月20日、つがる市立車力中学校において開催された「第65回つがる市少年防犯弁論大会」に審査員として出席しました。
つがる市内の木造・森田・稲垣・柏・車力の各中学校から選ばれた11人の発表はいずれも素晴らしいものでした。
社会の一員としての責任を自覚し、自分の夢や目標に向かってまっすぐ進むよう願っています。
 



秋の全国交通安全運動に伴う出動式(9月21日)

「秋の全国交通安全運動」の初日、警察署駐車場において、福島つがる市長の出席のもとで出動式を行い、交通指導隊とパトカーが市内のパトロールに出動しました。
つがる市長からは、8月に交通事故で2人の尊い命が失われているので、警察署、交通安全協会、交対協等が一丸となり交通事故を減らしましょう、との激励の言葉がありました。

 


地域安全ウォーキングin車力(9月9日)

9月9日、地域の安全・安心まちづくりの一環として、平成16年から始まり今年で14回目を迎えた「地域安全ウォーキングin車力」に参加しました。
秋空の下、つがる市豊富町の「むらおこし拠点館フラット」をスタートし、5㎞から15㎞までのコースを歩いた後、名産の砂丘麦とろ飯と、しじみ汁に舌鼓を打ちました。

 


出産祝い(8月31日)

7月29日に女の子男の子が誕生した署員に対し、朝礼で署員一同からの出産祝いを手渡しました。
イクメンのため、子供が生まれる時の休暇として配偶者出産休暇(3日)、育児参加休暇(5日)があるほか、小学生までの子を養育している人には、子の看護休暇が1人の子につき5日あります。
どんどん活用してほしいと思います。
出産祝い


母の会前会長に感謝状(6月20日)

40年以上にわたって、つがる市交通安全母の会連合会会長などを務め、交通安全意識の高揚や交通事故抑止に貢献した花岡前会長に対し、感謝状を贈呈しました。
前会長からは、「これからも交通安全シルバー先生として、高齢者の交通安全対策に取り組んでいきます。」とのお話があり、大変心強く感じました。
母の会前会長に感謝状


交通死亡事故ゼロ6,500日表彰(6月7日)

平成11年7月6日以来、6,500日にわたり交通死亡事故ゼロを継続している、つがる市内の交通安全協会木造柴田支部に対し、つがる地区交通安全協会の片山会長と連名で表彰状を手渡しました。
交通死亡事故ゼロは、「安全・安心まちづくり」の目標のひとつです。
6500日表彰


警察署社会見学(5月26日)

つがる市内の小学4年生53人が、社会見学のため警察署を訪れました。
警察官の持ち物やパトカー、110番の仕組みなどに興味津々です。
「警察官になりたい人」という質問に、約半数の子供が手を挙げました。
警察官採用時期でもあり、その志のまま大きくなって実際に警察官を目指してくれたらいいなと思いました。




警察署社会見学警察署社会見学


出産祝い(5月24日)

5月21日に3510グラムの女の子が誕生した署員に対し、署員一同からの出産祝いを手渡しました。
配偶者出産休暇や育児参加休暇などの制度をどんどん活用して、育児に参加してほしいと思います。
出産祝い


交通死亡事故現場診断(5月17日)

5月7日(日曜日)の夜、つがる市木造藤田の県道で、70代の男性が道路を横断中に車にはねられ亡くなる交通事故が発生したことから、事故の再発を防止するため現場診断を行いました。
参加した交通安全関係各団体の皆さんからは、
  交通量が少ないので油断しスピードが出たのではないか
  高齢者に対して反射材効果をもっとアピールすべき
  交通安全に興味がない高齢者が犠牲になっている
などの意見が出されました。
 
交通死亡事故現場診断

つがる地区安全運転管理者協会・事業主会合同定時総会(5月16日)

5月16日、つがる市柏の柏ロマン荘において、つがる地区安全運転管理者事業主会とつがる地区安全運転管理者協会の合同定時総会が開かれました。
会議の席上で、交通事故抑止に功労があった事業所を表彰しました。