トップ青森県内の警察署ホームページ黒石警察署 > 交通警察

交通警察

交通警察

■速度取締指針について

黒石警察署では、交通事故発生状況や交通取締り要望等にもとづき、速度違反を重点的に取り締まる路線を設定し、交通実態等に合わせた速度取締りを実施しています。



  交通指導課「速度取締指針」のページへ



■ライトの早め点灯を

○日没1時間前には前照灯をつけましょう
○雨天時は、昼間でも点灯しましょう。
○薄暮時は、一日の仕事の疲れなどで注意力が低下するほか、薄暗くなるので、人・車の発見が遅れがちになります。
○薄暮時は、「見ること、見られること」が大切。早めの点灯で、交通事故を防止しましょう。



早めの点灯時刻

1月…15時30分 

2月…16時00分 

3月…16時30分 

 早め点灯

4月…17時00分

5月…17時30分 

6月…18時00分

7月…18時00分 

8月…17時00分 

9月…16時30分

10月…15時30分

11月…15時00分 

12月…15時00分


交差点での事故に注意

信号機

黒石警察署管内で発生した交通事故の約半数が、交差点での信号無視や、一時不停止による出会い頭によるものです。


黄色信号の意味は、赤信号と同じ「止まれ」です。
道路交通法では、
 ●歩行者は横断を始めてはならない
 ●車両は停止線をこえて進行してはならない
とされていて、黄色信号で交差点を進行できるのは、
 ●黄色信号が表示されたとき、停止線に接近して安全に停止することができない場合
に限られています。



また、一時停止標識がある場所では、交差点の直前(停止線がある場合はその位置)で確実に停止し、左右の安全確認をしてから交差点を通行しましょう。
さらに、一時停止標識がない場所でも、左右の見通しが悪いときには、徐行して通行しましょう。 

一時停止標識