トップ > 生活安全部 > 地域課 > 山岳遭難・水難・雪害

山岳遭難・水難・雪害

山岳遭難・水難・雪害

山岳遭難

遭難防止のためのアドバイス    

○知識や経験、技術の未熟な登山者だけでの入山は厳に慎みましょう。

○経験豊富なリーダーのもとにパーティを組みましょう。

○十分な装備を持ちましょう。

○通信手段(携帯電話など)を携行しましょう。

○天気予報を確認し、天候の急変には細心の注意を払いましょう。

○登山計画書を提出しましょう。
  

PDF

登山計画書様式例(PDF:420KB)

【登山計画書の提出先】

青森県警察本部
郵便番号 030-0801
住所   青森市新町二丁目3-1  
電話番号 017-723-4211

 ○入山する山を管轄する警察署、交番・駐在所

 ○山域の案内所、旅館、入山口の専用ポストなど

 ○入山者の職場、学校、家庭など
 


最近の山岳遭難状況

平成29年6月現在  発生件数19件 遭難者数23人
平成28年中    発生件数53件 遭難者数56人
平成27年中    発生件数66件 遭難者数76人



水難

水難事故を防止するための注意点

○遊泳禁止場所、潮の流れが速い場所では、絶対に泳がない。

○保護者のかたは、水遊びをしている子供から目を離さない。

○風の強い日や波の高い日は泳がない。

○泳ぐ前には必ず準備運動する。

○飲酒後の遊泳は絶対にしない。

○釣りに行く際は、必ずライフジャケットを着用する。

○夜間はライトを携行し、海や川への転落に注意する。



雪害

除排雪中の事故を防止するための注意点

○除雪作業は、家族や近所の人にも声を掛けて、できるだけ複数で行いましょう。

○屋根の雪下ろしは、「命綱を付ける」、「滑り止めの付いた靴を履く」など、転落防止に十分注意しましょう。

○晴れの日ほど注意しましょう。屋根の雪がゆるんでいます。

○軒下からの屋根の雪落としは、雪の下敷きにならないように十分注意しましょう。

○はしごの上り下りは、はしごを確実に固定し転落事故防止に十分注意しましょう。

○除雪機の点検は、必ずエンジンを停止してから行いましょう。

○夜間に雪片付けをするときは、除雪車や通行車両のドライバーがすぐにわかるように反射材を身につけましょう。