トップ > 生活安全部  > 地域課  > 山岳遭難・水難・雪害

山岳遭難・水難・雪害

山岳遭難

※画像をクリックすると動画が再生されます。


【救助の際ヘリが近づいてきたらやってほしいこと】
  

【着衣の視認性のテスト】

【山岳救助現場映像】

登山等における遭難防止のためのアドバイス

○知識や経験の浅い初心者だけでの入山は慎み、経験豊富なリーダーのもとにパーティーを組みましょう。
○十分な装備を携行しましょう。
○事前に登山ルートを確認しましょう。
○水分補給はこまめにしましょう。
○いつでも連絡が取れるように携帯電話などを携行しましょう。
○天候が急変した場合には、予定を変更して早急に下山しましょう。
○登山計画書を必ず提出しましょう。
○スキー・スノーボードをされる方はスキー場などで決められたルールを守りましょう。

 

山菜・キノコ採りによる遭難防止

○家族などに行き先や帰宅時間を告げていきましょう。
○できるだけ2人以上で出かけましょう。
○お互いに声を掛け合い位置を確認し、目標物を決めて行動しましょう。
○携帯電話や食料、コンパスなど必要な装備を持ちましょう。
○携帯電話などは車などに置いたままにせず、持ち歩きましょう。
○急斜面や崖など危険な場所は避け、奥に入り過ぎないようにしましょう。
○集合時間を必ず守り、早めの下山を心がけましょう。


【山岳遭難防止啓発ポスター】

コンパスでの登山届

 平成30年11月20日、「コンパス」の活用に関する協定を締結しました。
遭難等の事故の際には、「コンパス」に提出された登山届も青森県警で確認できます。


郵送、FAXでの登山計画書の提出先

青森県警察本部
郵便番号 030-0801
住所   青森市新町二丁目3-1  
電話番号 017-723-4211 FAX番号 017-723-4287

 ○入山する山を管轄する警察署、交番・駐在所

 ○山域の案内所、旅館、入山口の専用ポスト

 ○入山することを職場、学校、家庭に知らせることも重要です 


最近の山岳遭難状況

令和3年中~発生件数52件 遭難者数56人

令和2年中~発生件数82件 遭難者数87人

平成元年中~発生件数64件 遭難者数71人

令和3年冬山情報

警察庁ホームページ「山岳遭難・水難」のページをご確認ください。

水難

水難事故を防止するための注意点

○遊泳禁止場所、潮の流れが速い場所では、絶対に泳がない。

○保護者の方は、水遊びをしている子供から目を離さない。

○風の強い日や波の高い日は泳がない。

○泳ぐ前には必ず準備運動する。

○飲酒後の遊泳は絶対にしない。

○釣りをする時やボートに乗る時などは、必ずライフジャケットを着用する。

○夜間はライトを携行し、海や川への転落に注意する。

雪害

除排雪中の事故を防止するための注意点

○除雪作業は、家族や近所の人にも声を掛けて、できるだけ複数で行いましょう。

○屋根の雪下ろしは、「命綱を付ける」、「滑り止めの付いた靴を履く」など、転落防止に十分注意しましょう。
 また、転落時に備え、屋根の下には雪を残して作業しましょう。

○軒下からの屋根の雪落としは、雪の下敷きにならないように十分注意しましょう。
 晴れの日は屋根の雪全体がゆるんでいるので、特に注意が必要です。

○梯子の上り下りは、梯子を確実に固定し、転落事故防止に注意しましょう。

○除雪機の点検は、必ずエンジンを停止してから行いましょう。

○夜間に雪片付けをするときは、除雪車や通行車両のドライバーがすぐにわかるように反射材を身につけましょう。