トップ > 交通部  > 運転免許課 > 運転適性相談等 > 聴覚障害に関する運転適性相談

聴覚障害に関する運転適性相談

聴覚障害に関する運転適性相談

聴覚に障害のあるかたで、運転免許の取得や運転免許の条件変更を希望されるかた、又は免許を取得したのち、聴覚に障害を持たれたかたの相談を受け付けています。

■聴覚に障害のあるかたが取得できる運転免許等

聴覚に障害があるかた(補聴器を使用しても10メートルの距離で90デシベルの音が聞こえないかた)でも、大型自動二輪免許、普通自動二輪免許、小型特殊免許及び原付免許が取得できます。
また、
  ・ 特定後写鏡(ワイドミラー又は補助ミラー)を使用する
  ・ 聴覚障害者標識を表示する
ことを条件に、普通免許又は準中型免許を取得することができます。

平成29年3月12日から、聴覚に障害があるかたが運転できる車両の種類が拡大されました。詳しくは下記のPDFをご覧ください。

PDF
聴覚に障害があるかたが運転できる車両の種類の拡大について(PDF:163KB)


■聴覚の障害等に関する運転適性相談の事前予約
運転適性相談は予約制で行っております。 相談については必ず事前予約してください

予約受付日時
月曜日から金曜日まで(祝祭日、年末年始を除く。)の午前8時30分から午後5時まで

予約受付先
・ 青森県運転免許センター 017-782-0081(代表)
・ 弘前運転免許試験場   0172-31-0737
・ 八戸運転免許試験場   0178-43-4141(代表)八戸警察署内
・ むつ運転免許試験場   0175-22-1321(代表)むつ警察署内 
 

■運転適性相談の実施方法等 

・相談は月曜日から金曜日まで(祝祭日、年末年始を除く。)の午前8時30分から午後5時までの間に実施します。
・本人(場合によっては家族のかたを含む。)に直接、来庁していただき、面談することとなります。(プライバシーには十分配意しております。)
・本人確認ができる書類が必要となります。運転免許証をお持ちのかたは運転免許証、運転免許証をお持ちでないかたは 、健康保険被保険者証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、有効期間内にある住民基本台帳カード、学生証等のうちいずれか1通をご持参ください。通知カード(表面に個人番号が記載されているもの、紙製、写真なし)は確認書類とはなりません。
・投薬治療等を受けられているかたは、お薬手帳等をご持参ください。
・身体障害者手帳をお持ちのかたは、その手帳をご持参ください。

■補聴器条件を付与されているかたの臨時適性検査

現在補聴器条件を付与されている運転免許証をお持ちのかたで、補聴器を使用せずに普通自動車又は準中型自動車の運転を希望されるかたは、臨時適性検査を受ける必要があります。
内容は、
  ・「特定後写鏡を使い安全な運転ができるか」に関する検査  
  ・「危険をとらえることができないおそれのある場面での安全運転に関する講習」
となり、時間は約1時間、費用は無料です。

※ 注意 
  ・運転免許証の更新と同時に臨時適性検査を受けることはできません。
  ・臨時適性検査は、相談実施後、後日、青森県運転免許センターで実施します。