トップ > 交通部  > 運転免許課 > 運転免許試験 > 失効理由の証明書に関する注意事項

失効理由の証明書に関する注意事項

失効理由の証明書に関する注意事項

やむを得ない理由を証明する書類を用意する際は以下の点にご注意ください。

病院からの診断書の場合

●病気、ケガ等のために更新手続きができなかった事を証明するため担当医からの診断書が必要となります。
●診断書には、病状(症状)、初診日、入退院日、治療期間の記載が必要です。
●診断書は、原本を提出してください。

パスポートの場合

●現在所持しているパスポート(期限がきれているものも含む)で、やむを得ない理由が証明できない場合は、出入国の記録(本人が法務省に開示請求)を提出してください。

在所(在監)証明書の場合

●免許有効期限末日、又は、失効してから6月間に拘束されていたことを証明するものが必要となります。

上記以外の証明書を持参する予定のかたは
事前に免許センターへ確認してください


※県外居住(出稼ぎ・在学等)は
やむを得ない事由となりませんので注意してください。