トップ > 交通部 > 交通規制課 > 交通関係各種許可 > 道路使用許可

道路使用許可

道路使用許可

■道路使用許可

道路本来の使用目的以外の行為、つまり、道路工事や道路上での作業、山車の運行などで道路を使用する場合に必要な、「道路使用許可」の手続きについて説明します。



■事前相談

道路使用許可は、交通の妨害となるなど著しく交通に与える影響が大きい場合には許可できない場合もあります。
また、許可する場合でも、道路の使用時間、区間及び使用方法の変更をお願いすることがありますので、次の許可対象行為を行う場合には、早めに使用する道路を管轄する警察署へご相談ください。



■許可対象行為

●道路において工事または作業をする行為
●道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする行為
●場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする行為
●前項に掲げるもののほか、道路において祭礼行事をし、またはロケーションをするなど、一般交通に著しい影響を及ぼす行為で、公安委員会が、その土地の道路または交通の状況により道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため必要と認めて定めたものをしようとする行為
●公安委員会が定めた行為
ア 道路にねぶた、山車、みこし、踊台等を出し、またはこれらを移動すること
イ 道路に人または車両が多数集まるような方法でロケーション、撮影会、街頭録音会などを行い、または演説、音楽、奏楽、映写等をなし、もしくは拡声器、ラジオ、テレビなどの放送をすること
ウ 道路において、競技会、仮装行列、ちょうちん行列、パレード、集団行進(学生、生徒及び園児の遠足若しくは修学旅行または冠婚葬祭を除く。)その他の催し物をすること
エ 道路において、消防、避難、救護等の訓練を行うこと
オ 道路において、旗、のぼり、看板、ちょうちんその他これらに類するものを持ち、または楽器を鳴らし、若しくは特異な装いをして広告宣伝すること(5人未満のものは除く)
カ 道路において、ロボットの歩行または移動を伴う実証実験を行うこと
キ 広告または宣伝のため、車両に著しく人目を引くような装飾その他装いをして通行すること
ク 交通の頻繁な道路において、寄附を募集し、若しくは署名を求め、又は物を販売すること
ケ 交通の頻繁な道路において、広告、宣伝等の印刷物、風船、旗等を散布し、または通行する者にこれを交付すること



■道路使用許可関係様式

 道路使用許可申請書 

(PDF:53KB)

Word

(Word:33KB)


 道路使用許可証記載事項変更届 

(PDF:40KB)

Word

(Word:27KB)


 道路使用許可証再交付申請書 

(PDF:43KB)

Word

(Word:31KB)




■道路使用許可の申請方法

1 申請先
使用する道路を管轄する警察署に申請してください。ただし、平成18年4月1日からは、市町村合併前の旧金木町、中里町、市浦村、小泊村、及び大鰐町、碇ヶ関村の道路を使用する場合は、それぞれの分庁舎でも申請を受付します。
2 必要な書類
 ア 道路使用許可申請書(別記様式第六)2通
 イ 添付書類 2通
  ・道路使用の場所又は区間の見取り図及び方法形態等を明らかにした図面
  ・工作物を設けるにあたっては、その設計図及び仕様書
  ・その他参考資料



■手数料

申請手数料として2,200円が必要となります。



■その他

道路使用許可と道路占用許可の両方の許可が必要となる場合には、各申請書を所轄警察署長または道路管理者の一方の窓口に一括して提出することができます。
ただし、安全対策上の問題点、申請書の訂正、添付書類の不備、占用料金、道路使用申請手数料の支払い等がある場合には、改めて窓口(所轄警察署または道路管理者の窓口)に出向く必要があります。

なお、道路占用許可の申請等に関する問い合わせについては、各道路管理者の窓口にお問い合わせしていただくようお願いいたします。