トップ > 生活安全部  > 少年女性安全課  > 少年サポートセンター  > 少年非行防止JUMPチーム

少年非行防止JUMPチーム

「JUMP(ジャンプ)」の意味

 『JUMP 』は、21世紀を担う青森県の少年がさらに飛躍する、つまり大きく「ジャンプ」してほしいとの願いと、「少年非行防止」の英語の頭文字
   Juvenile(ジュベナイル)=少年
   Misconduct(ミスコンダクト)=非行
   Prevention(プリベンション)=防止
をとって命名されました。

少年非行防止JUMPチームの活動目的

 『少年非行防止JUMPチーム』は、学校や家庭、社会での「ルール」を守ろうとする意識=規範意識の醸成を図るために、少年たち自身が、お互いに非行防止について呼びかけ、その活動を通じて学校の仲間、さらには地域の皆様と一緒に、県内全体に非行防止の輪を広げることを目的に、平成11年から中学校・高等学校に結成されています。
 平成23年度からは、小学校にも結成され、小学生が『リトルJUMPチーム』員として警察署長から委嘱されています。



JUMPチームシンボルマーク

「JUMPチーム」・「リトルJUMPチーム」の活動

 活動は、学校内外において、
  ○ 万引き防止啓発活動
  ○ 自転車盗難被害防止活動
  ○ 非行防止や薬物乱用防止街頭キャンペーン
  ○ いじめ撲滅運動
  ○ あいさつ運動の励行

など、創意・工夫を凝らして、少年非行防止を呼び掛けています。
 少年非行の多数を占める「万引き」防止のためには学校での「万引きしま宣言」の実施をはじめ、標語コンクールや広報活動などを行っています。 その他、文化祭でのJUMPチーム活動展示や、自転車盗難被害防止のために「ツーロック推進活動」などを行っています。

New! 「JUMPだより(№65)」が完成しました。
 県内各地区のJUMPチームの活動を紹介しています。ぜひご覧ください。






~各地区JUMP活動紹介~

◎階上町立階上小学校リトルJUMPチームによる清掃活動◎
 階上小学校では全校児童がリトルJUMPチーム員として活動しており、
毎年学区内の観光地である階上岳登山道の清掃活動に取り組んでいます。



◎弘前中央高等学校JUMPチームによる自転車盗難防止活動◎
 弘前中央高等学校JUMPチーム員は、学校駐輪場における自転車防犯
診断を実施し、ワイヤーロックを手渡す等してツーロック(2つ以上施錠
すること)の徹底を呼び掛け、盗難被害防止に努めています。



◎藤崎町立藤崎小学校リトルJUMPチームによる挨拶運動◎
 藤崎小学校リトルJUMPチーム員は、毎朝挨拶運動を実施しており、①元気な挨拶且つ立ち止まり一礼ができた児童にはシールを1枚贈呈、②児童の持つ「あいさつマスターカード」にシールが貯まると、シルバー→ゴールド→・・・→ゴッドとランクが上がり、全校児童に紹介されるという独自のアイディアで、楽しみながら学校全体に非行防止の輪を広げています。

「JUMPチーム」・「リトルJUMPチーム」の結成状況

 令和3年度は、県内全体で、


 小学校  2623,273人(結成率100%)

 中学校  1551,922人(結成率100%)

 高等学校 751,060人(結成率100%)


が、学校内外で積極的に活動を展開しています。

「JUMPチーム」の活動についてのお願い

 JUMPチーム、リトルJUMPチームは、小学生、中学生、高校生が主体となって活動しておりますが、少年たちが活動するためには、地域の皆さんをはじめ、各団体・企業の方々の御理解と御協力が不可欠です。
 そのため、警察としましても、JUMP活動のさらなる活性化、そして非行防止の輪が県内全域に広がることを願って、県民の皆さんへの必要な情報の提供や、「JUMPチーム」についての広報を行っています。
JUMPチーム、リトルJUMPチームへの御支援をよろしくお願いいたします。