トップ > 生活安全部  > 少年女性安全課  > 少年非行防止JUMPチーム

少年非行防止JUMPチーム

「JUMP(ジャンプ)」の意味

『JUMP 』は、21世紀を担う青森県の少年がさらに飛躍する、つまり大きく「ジャンプ」してほしいとの願いと、「少年非行防止」の英語の頭文字
   Juvenile(ジュベナイル)=少年
   Misconduct(ミスコンダクト)=非行
   Prevention(プリベンション)=防止
をとって命名されました。

少年非行防止JUMPチームの活動目的

『少年非行防止JUMPチーム』は、学校や家庭、社会での「ルール」を守ろうとする意識=規範意識の醸成を図るために、少年たち自身が、お互いに非行防止について呼びかけ、その活動を通じて学校の仲間、さらには地域の皆様と一緒に、県内全体に非行防止の輪を広げることを目的に、平成11年から中学校・高等学校に結成されています。
平成23年度からは、小学校にも結成され、小学生が『リトルJUMPチーム』員として警察署長から委嘱されています。



JUMPチームシンボルマーク

「JUMPチーム」・「リトルJUMPチーム」の活動

活動は、学校内外において、
 ○ 万引き防止啓発活動
 ○ 自転車盗難被害防止活動
 ○ 非行防止や薬物乱用防止街頭キャンペーン
 ○ いじめ撲滅運動
 ○ あいさつ運動の励行

など、創意・工夫を凝らして、少年非行防止を呼び掛けています。
少年非行の多数を占める「万引き」防止のためには、学校での「万引きしま宣言」の実施をはじめ、標語コンクールや広報活動などを行っています。 その他、文化祭でのJUMPチーム活動展示や、自転車盗難被害防止のために「ツーロック推進活動」などを行っています。

「JUMPチーム」・「リトルJUMPチーム」の結成状況

令和2年度は、県内全体で、
 小学校  268校 3,330人(結成率100%)
 中学校  159校 2,090人(結成率100%)  
 高等学校 75校 1,017人(結成率100%)
が、学校内外で積極的に活動を展開しています。

「JUMPチーム」の活動についてのお願い

JUMPチーム、リトルJUMPチームは、小学生、中学生、高校生が主体となって活動しておりますが、少年たちが活動するためには、地域の皆さんをはじめ、各団体・企業の方々の御理解と御協力が不可欠です。
そのため、警察としましても、JUMP活動のさらなる活性化、そして非行防止の輪が県内全域に広がることを願って、県民の皆さんへの必要な情報の提供や、「JUMPチーム」についての広報を行っています。
JUMPチーム、リトルJUMPチームへの御支援をよろしくお願いいたします。