トップ > 生活安全部  > 少年課 > 児童虐待防止

児童虐待防止

児童虐待防止

児童虐待は、人格形成期にある児童の心身に深刻な影響を及ぼすばかりでなく、その生命が奪われる悲惨な事件に発展することもあります。

■児童虐待とは?

保護者が監護する18歳未満の児童に対し


  

○身体的虐待

  たたく、激しく揺さぶる、たばこの火を押しつける等


  

○性的虐待

  わいせつな行為をする、あるいはさせる等


  

○怠慢または拒否(ネグレクト)


 

       食事を与えない、駐車場にとめた車の中など危険な場所に長時間放置する等


  

○心理的虐待

  暴言を浴びせる、目の前での夫婦間暴力(DV)等



をすることです。


児童虐待イラスト1    児童虐待イラスト2    児童虐待イラスト3

■もし児童虐待を発見したら?

児童虐待を発見した場合、すみやかに通告することは国民すべての義務です。(児童虐待防止法第6条による。)
児童虐待の通告は、


        

児童相談所全国共通ダイヤル

  

189 (いちはやく)



へどうぞ。24時間対応で、最寄りの児童相談所につながります。
なお、緊急の場合は110番通報してください。

通報している女性のイラスト


■児童虐待を通告(相談)したことで、トラブルになったらどうしよう?

通告(相談)をためらうことがあるかもしれませんが、児童の命がかかっていることを忘れないでください。通告 (相談)した方の秘密は守られます。


小さな子供のイラスト


子供をポルノの被写体にすることは、性的虐待です。児童ポルノは、子供の人権を大きく傷つけ、将来に多大な影響を及ぼします。児童虐待をはじめ児童ポルノに関する情報は下記でも受け付けています。 

 匿名通報ダイヤル

 0120-924-839

 http://www.tokumei24.jp