トップ > 生活安全部 > 生活安全企画課  > 子供・女性の安全確保 > 青森県警察メールマガジン「青い森のセーフティネット」(規約)

青森県警察メールマガジン(規約)

青森県警察メールマガジン
「青い森のセーフティネット」(規約)

「青い森のセーフティネット」利用規約


第1条(はじめに)
 本規約は、「青い森のセーフティネット」(以下「本システム」という。)の利用条件を既定したものです。
 ご利用に際して必ず最後までお読み下さい。

 本システムは、青森県内で発生した
     犯罪の発生・検挙等に関する情報
     子供や女性に対する声かけ事案等の不審者情報
     お知らせ情報(地域安全情報・PR情報)
などの情報を電子メールにより、携帯電話やパソコン等の端末に迅速かつ的確に配信するシステムです。
 なお、本システムで配信する情報の著作権は青森県警にあります。

第2条(個人情報の入手方法)
 青森県警察は、本システムに登録されたアドレス及び属性情報の管理に十分配慮し、第三者に開示及び提供することはありません。
 また、本システム以外に使用することはありません。

第3条(ご利用に際しての費用について)
(1)本システムを利用するにあたっての登録料及び情報配信料は無料ですが、メール受信や登録等にかかる通信費については利用者の負担になります。
(2)携帯電話やパソコン等の端末にて、受信したメールの通信費は、利用者自が契約されているインターネットプロバイダ並びに携帯電話会社等からの請求であり、青森県警より請求することは一切ございませんので、本システムを装った架空請求や不正請求には十分ご注意ください。

第4条(アドレス登録について)
 携帯電話やパソコン等の端末にてメールアドレスを登録する際に、利用者にて配信希望地域、情報種別等の設定をしていただきます。
 なお、配信希望地域、配信情報種別については任意に複数を選択することができます。

第5条(メール配信について)
(1)携帯電話やパソコン等の端末へのメール配信は、インターネットプロバイダ並びに携帯電話事業者ネットワークの混雑状況等により遅延する場合があります。
(2)メール配信は、原則として平日の午前8時から午後8時までの間に行わせていただきます。
   ただし、大規模災害や重大事件等の発生により、場合によっては、土日、祝日や夜間にメールを配信することがありますので、あらかじめご了承下さい。
(3)配信情報に関しては簡潔明瞭な内容での配信を心掛けますが、文字数の受信制限がある端末では、利用者自身で情報を受信できるように手続きを行ってください。
(4)一部の携帯電話につきましてはご利用できないものもありますので、ご了承ください。
(5)本システムからのメールを受信出来るように
        aomoripolice@plc.pref.aomori.jp
 からのメールを受信出来るように設定のうえ、併せて 
        URL付きメールを受信する設定
 に変更をお願いします。
  なお、メール受信の設定方法につきましては、ご利用端末の取扱店又は通信会社へお問い合わせください。
(6)配信情報については、青森県警において配信する必要があると判断したものを配信しておりますので、犯罪捜査やプライバシー保護のため、全ての情報や一部について公表を差し控える場合があります。
(7)事件情報などの配信情報につきましては、断片的な情報であり、メール内容への問い合わせはご遠慮願います。 
(8)本システムによるメール配信は、「情報送信」のみのサービスですので、配信されたメールへの返信はできません。

第6条(メール内容の二次利用について)
 メール配信された情報を複製頒布、出版、上演等への二次利用、ハードディスク等に保存したうえで再配布といった電磁的媒体への加工は堅くお断りします。
 ただし、社内での防犯教育等において利用する場合には、個別に青森県警察にお問い合わせください。

第7条(メールの転送について)
 メールの転送については固くお断りします。
 ただし、犯罪の予防のために公的な機関・防犯ボランティア団体及び個人が利用する場合に受信したメールをそのまま転送することは、この限りではありません。

第8条(本システムの中断・停止について)
 本システムは通信回線設備、システム障害、メンテナンス、その他やむを得ない理由により、登録者に事前通知をすることなく、中断または停止する場合があります。

第9条(アドレスの削除について)
 配信したメールが、利用者のアドレス変更等により、3回不達になりますと、システム上登録されたメールアドレスが削除されます。

第10条(免責事項)
 青森県警察は、本システムからメール配信を行った情報に基づいた活動において、発生した損失、損害については一切の責任を負いかねます。
 また、どのような理由であっても、本システムの中断やメール遅延などにより生じた直接または間接の損失、損害について一切の責任を負わないものとします。

第11条(規約内容の変更)
 本規約内容の一部又は前部を利用者への予告無しに変更する場合があります。

附則

本規約は、平成26年6月1日から適用します。