公安委員会定例会議の開催概要


開催日時 平成28年12月8日(木) 10時00分 〜 12時00分

1 議題事項

   警察職員等の援助要求について

  県警察から、「本県における警戒警備のため、警察法第60条第1項に基づき、秋田・岩手・山形・神奈川・埼玉・群馬県公安委員会に対して、警察職員等の援助要求を行いたいので審議願いたい」旨の説明を受け、審議の結果、了承した。

2 報告事項

 (1) 県議会の開催状況について

  県警察から、「11月21日の文教公安委員会は、所管事項について2委員から、「飲酒運転撲滅に向けた取組」、「少年のインターネット利用による犯罪被害の防止」について質疑があり、担当部長が答弁した」旨の報告があった。

 (2) 平成29年度当初警察費予算要求状況について

  県警察から、平成29年度当初警察費予算要求状況について、報告があった。
  委員から、「新規事業について、しっかり要求していただきたい」旨の発言があった。

 (3) 十和田市内で発生の監禁致死事件被疑者の検挙について

  県警察から、「昨年12月18日、十和田警察署管内において発生した監禁致死事件の被疑者を、本年11月30日に通常逮捕した」旨の報告があった。
  委員から、「地道な捜査が実を結んだと思います。今後も粘り強い捜査をして下さい」旨の発言があった。

 (4) 誘拐事件被疑者の検挙について

  県警察から、「12月5日、県内で発生した未成年者の誘拐事件被疑者を、7日、東京都内で通常逮捕し、被害者も無事保護した」旨の報告があった。
  委員から、「被疑者を速やかに逮捕したことは、県民に安心感を与えた。今後も事件発生時の早期解決に務めていただきたい」旨の発言があった。

 (5) 「平成28年冬の交通安全県民運動」の実施について

  県警察から、「12月11日から20日までの10日間、高齢者の交通事故防止、飲酒運転の根絶等を運動の重点とした「平成28年冬の交通安全県民運動」を実施する。期間中、「気づきを促す」安全教育、事故分析に基づいた実効ある取締り等を推進するほか、各署において高齢者への反射材啓発活動、飲食店への広報啓発活動に取り組む」旨の報告があった。