トップ > 刑事部  > 組織犯罪対策課 > 暴力団対策法の禁止行為27種

暴力団対策法の禁止行為27種

暴力団対策法の禁止行為27種

暴力団対策法の運用

暴力団対策法により、指定暴力団員がその所属する指定暴力団の威力を示して行う不当な行為(暴力的要求行為)が禁止されています。
平成24年に暴力団対策法が改正され、不当贈与要求行為、用心棒料等要求行為などとあわせて、禁止されている暴力的要求行為が27類型となりました。



暴力団対策法禁止27行為