道路使用許可の手続について


ここでは、道路本来の使用目的以外の行為、つまり、道路工事や道路上での作業、山車の運行などで、道路を使用する場合に必要な、「道路使用許可」の手続きについて、説明します。

ページ内リンク、1 事前相談。
ページ内リンク、2 許可対象行為。
ページ内リンク、3 道路使用許可の申請方法。
ページ内リンク、4 手数料。
ページ内リンク、5 問い合わせ先。

1、事前相談。
 
道路使用許可は、交通の妨害になるなど、著しく交通に与える影響が大きい場合には、許可できない場合もあります。
また、許可する場合でも、道路の使用時間、区間及び使用方法の変更を、お願いすることがありますので、次の許可対象行為をおこなう場合には、早めに、使用する道路を管轄する警察署へ、ご相談下さい。
この項目終わり
この項目終わり
2、許可対象行為。
  一つ 道路において、工事又は、作業をする行為。
  一つ 道路に石碑、銅像、広告板、アーチ、その他、これらに類する工作物を設けようとする行為。
  一つ 場所を移動しないで、道路に露店、屋台店、その他これらに類する店を出そうとする行為。
  一つ 前項に掲げるもののほか、道路において、祭礼行事をし、又は、ロケーションをするなど、一般交通に著しい影響を及ぼす、通行の形態、若しくは、方法により道路を使用する行為、又は、道路に人が集まり、一般交通に著しい影響を及ぼす行為で、公安委員会が、その土地の道路、又は、交通の状況により、道路における危険を防止し、その他、交通の安全と円滑を図るため、必要と認めて定めたものをしようとする行為。
  一つ 公安委員会が認めた行為。
    一 道路にねぶた、山車、みこし、踊台等を出し、又はこれらを移動すること。
    二 道路に、人、又は、車両が多数集まるような方法で、ロケーション、撮影会、街頭録音会などをおこない、又は、演説、演芸、音楽、奏楽、映写等をなし、もしくは、拡声器、ラジオ、テレビなどの放送をすること。
    三 道路において、競技会、仮装行列、ちょうちん行列、パレード、集団行進、(学生、生徒、及び、園児の遠足、若しくは、修学旅行、又は、冠婚葬祭を除く、)その他の催し物をすること。
    四 道路において、消防、避難、救護等の訓練をおこなうこと。
    五 道路において、旗、のぼり、看板、ちょうちん、その他これらに類するものを持ち、又は、楽器を鳴らし、若しくは、特異な装いをして広告または宣伝すること、(5人未満のものは除く)。
    六 道路において、ロボット、移動に用いる用具等の実証実験を行うこと。 
    六 広告、又は、宣伝のため、車両に著しく人目を引くような装飾、その他装いをして通行すること。
    七 交通の頻繁な道路において、寄附を募集し、若しくは、署名を求め、又は、物を販売すること。
    八 交通の頻繁な道路において、広告、宣伝等の印刷物、風船、旗等を散布し、又は、通行する者にこれを交付すること。この項目終わり
この項目終わり
3、道路使用許可の申請方法。
  1、 申請先、
使用する道路を、管轄する警察署に申請してください。
  2、 必要な書類、
    一つ 道路使用許可申請書、2通、
    二つ 添付書類、2通、
      その一 道路使用の場所、又は、区間の見取図、及び、方法、形態等を明らかにした図面、
      その二 工作物を設けるにあたっては、その設計図及び仕様書、
      その三 その他参考資料。この項目終わり
この項目終わり
4、手数料。
  申請手数料として、2,200円が、必要となります。この項目終わり
この項目終わり
5、問い合わせ先。
  青森県、警察本部、交通規制課、(電話、017-723-4211)、
または、最寄りの警察署にお尋ねください。この項目、及び、ページの終わり
ページの終わり


手続きの、トップへ、

バリアフリー、トップへ、