トップ青森県内の警察署ホームページ青森南警察署 > 2019年度活動状況

2019年度活動状況

2019年度活動状況

「令和元年警察協力功労者表彰式」の実施(令和2年1月17日)

   警察業務に格別の御協力をいただきました皆様に、感謝状の贈呈を行いました。

  

「110番」の日広報活動の実施(令和2年1月4日)

   110番の日を前に、青森市立大栄小学校5年生、6年生の生徒を1日警察署長に委嘱し、地域課員とともに、寸劇を通じて110番の正しい使いかたについての広報を実施しました。

 
  

「一日青森南警察署長」の実施(令和元年11月22日)

   青森南警察官友の会会員である一戸寧氏、千葉敏之氏、海老名学氏の3名が一日青森南警察署長に任命され、アップルヒルでの広報活動などを実施しました。



「勤労感謝の日」に伴う園児の職場訪問(令和元年11月22日)

   管内の「こども園瑞穂」の園児18名が、当署員の慰労のため警察署を訪問し、署長に手作りプレゼントを贈呈してくれました。



    

安全・安心マスコットの配布活動(令和元年10月10日)

   管内の小学生、浪岡養護学校と一緒に作成した安全・安心マスコット「無事カエル君」をなみおか道の駅で浪岡中学校・浪岡養護学校の生徒、青森南地区少年警察ボランティアと共に配布しました。



    

増税に伴う特殊詐欺防止紙芝居の披露(令和元年10月3日)

   署員及び署員の家族で、増税に伴う特殊詐欺防止の紙芝居を手作りし、管内の老人クラブの会合において披露しました。



子どもたちと一緒に安全・安心マスコットづくり(令和元年9月17日)

   児童館や放課後児童会において夏休み中の小学生106人が受持の警察官と一緒に土台を、そして浪岡養護学校の生徒が最後の仕上げを担当して、200個の安全・安心マスコットを作成しました。



青森南警察官友の会との「ドライブレコーダの記録データ提供に関する覚書」の締結について(令和元年8月9日)

   青森南警察署管内で事件や事故が発生した際に、青森南警察官友の会会員が所有している車両に搭載されているドライブレコーダの記録データを提供することについて覚書を締結しました。
 青森南警察官友の会では、加入会員・事業所が所有する車両約160台がデータ提供に賛同しており、今後、事件・事故の捜査に大きく寄与することとなり、浪岡地区の安全・安心なまちづくりへの実現が期待されます。


   

「令和元年度青森県警察嘱託警察犬及び嘱託警察犬指導手に対する嘱託書交付式」の実施について(令和元年7月5日)

   嘱託警察犬指導手、岩本良二(りょうじ)さん、山口最史(よしふみ)さんに対し交付しました。
 岩本さんの嘱託警察犬は、リッチフィールドイチゴ号、ひらり号、もみじ号です。
 山口さんの嘱託警察犬は、アイニアス オブ ノルトリッヒト ジェイピー号です。

 
          


浪岡中学校2年生による「グッジョブ(職場体験)」の実施について
(令和元年7月2~4日)

   将来の警察官を目指す浪岡中学校2年生男女6名が、授業の一環として職場体験を行いました。
 白バイ走行や鑑識活動等の様々な警察業務を体験し、警察の仕事への理解を深めました。

 
  


山岳遭難救助訓練の実施について(令和元年6月5日)

 警察官による迅速な捜索活動と救助活動の高度化を図り、訓練を通じて殉職、受傷事故の絶無を期することを目的として、訓練を実施しました。

 
 


 不審者対応に関する講話を実施(令和元年6~7月)

   6月から7月にかけて、管内の小学校や保育園等において、不審者対応に関する講話を実施しました。講話は「いかのおすし」を基に、不審者への対応を指導しました。