トップ > 生活安全部  > 少年課 > ネット利用による犯罪被害防止

ネット利用による犯罪被害防止

ネット利用による犯罪被害防止

■ネット利用で被害にあう子供たち

全国的に、携帯電話を使って「出会い系サイト」等を利用し、18歳未満の少年少女が「児童買春・児童ポルノ法違反」や「県青少年健全育成条例違反」の犯罪に巻き込まれるケースが増えており、その大半を中高生が占めています。

携帯電話を使用する女学生のイラスト

青森県では、平成28年中、サイトが介在した少年の福祉を害する犯罪(児童福祉法、児童買春・ポルノ禁止法、出会い系サイト規制法、県青少年健全育成条例等)による被害少年は平成27年中に比べわずかに減少しました。
なお、サイトとは出会い系サイトだけでなく、情報サイト(SNSなど)を含みます。


          〈サイト介在の福祉犯の状況 〉※単位:人
      
学職別 合 計 小学生 中学生 高校生 有職少年 無職少年
             
 合計  20  19 0 0 10 10 8 7 0 0 2  2
平成28年中 出会い系 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 その他
ウェブサイト
20 19  0 0  10 10 8 7 0 0 2 2
 合計 21 21 1 1 12 12 7 7 0 0 1 1
平成27年中 出会い系 2 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0
 その他
ウェブサイト
19 19 1  1  12 12 5 5    0 1 1

※その他ウェブサイトには、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称で、人と人とのつながりを促進・サポートするコミュニティ型のウェブサイトのことです。これは、会員制であったり希望者の登録制等があります。)などが含まれます。



■ネット利用上の注意点

●サイトを見ない  
 「出会い系サイト」にはアクセスしない。「出会い系サイト」の勧誘メールは絶対に見ない。
●見てしまったとしても、書き込まない  
 個人情報が分かるような書き込みや写真の掲載はしない。一度「書き込み」をすると、相手はしつこく誘惑してきます。
●万が一利用してしまっても、絶対に会わない  
 サイトで知り合った見知らぬ相手に会うことは絶対にいけません。それが相手の狙いです。


■フィルタリングで犯罪から子供を守ろう

出会い系サイトに限らず、最近ではゲームサイトや、プロフ(インターネット上で自己紹介を簡単に作成することができるサイト)などのコミュニティサイトを利用して、犯罪被害にあう子供も増加しています。

有害環境サイトへのアクセスを制限する「フィルタリングサービス」を活用しましょう。子供に頼まれても安易にこのサービスを解除しないようにしましょう。

携帯電話各社は、フィルタリングサービスの手順をホームページにて公開しています。また、スマートフォンでは、有害サイトへのアクセス制限やアプリの利用制限を行うフィルタリングソフトを保護者自身がスマートフォンにインストールすることが必要です。具体的な設定方法は、販売店で尋ねるか携帯電話各社のホームページを参照してください。

パソコンと携帯電話のイラスト