トップ > 生活安全部 > 生活安全企画課  > 犯罪抑止対策 > 特殊詐欺被害防止

特殊詐欺被害防止

特殊詐欺被害防止


特殊詐欺とは

振り込め詐欺対策電話装置の
貸出について

特殊詐欺発生状況(平成28年)

オレオレ詐欺実録音声



   

特殊詐欺とは

特殊詐欺とは、被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座への振り込みなどにより、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪の総称であり、振り込め詐欺(「オレオレ詐欺」、「還付金等詐欺」、「融資保証金詐欺」、「架空請求詐欺」)のほか、「金融商品等取引名目の詐欺」、「ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺」、「異性との交際あっせん名目の詐欺」などがあります。


「だまし」のほとんどは、「電話」で行われます。役場や警察などをかたるような「電話」であっても、信用することなく、「必ず誰かに相談」してください。




それぞれの種類と被害防止についてはこちら




特殊詐欺発生状況(平成28年)

平成28年の特殊詐欺被害状況は、認知件数が68件(前年比マイナス3件)、被害額が約2億300万円(前年比プラス約8,500万円)であり、認知件数は減少しましたが、被害金額は大幅に増加しました。

被害額は6年連続で1億円を超え、平成28年は、これまでで最も早く4月に1億円を超えました。

被害者の約6割が65歳以上の高齢者で、女性が多い傾向にあります。




 特殊詐欺発生状況について(捜査第二課のページへ)




振り込め詐欺対策電話装置の貸出について

青森県警察では、振り込め詐欺などの特殊詐欺被害や不審電話に悩むご家庭に振り込め詐欺抑止対策電話装置「振込め詐欺見張隊 新117(いいな)」を貸し出しいたします。


 公募期間

 平成28年10月3日(月)から10月17日(月)まで

  (公募期間は終了しました。今後、第二期の募集を予定しております。)


 対象世帯

 青森県内に居住し、次のいずれかに該当する世帯

  1 満65歳以上のかただけで構成される世帯

  2 その他、特に貸出しが必要と認められる世帯

    (振り込め詐欺などの特殊詐欺被害や不審電話に悩むご家庭)


 貸出期間

 電話設置からおおむね6か月間


 申請者

 対象世帯に居住する者及びその親族


 申請方法

 利用申請書に必要事項を記載して、最寄りの警察署の生活安全係に提出してください。

 (受付を終了しました。今後、第二期の募集を予定しております。)


PDF

「振込め詐欺見張り隊 新117(いいな)」の貸出しの概要等(PDF:633KB)




      

オレオレ詐欺音声公開

この音声は、実際にあったオレオレ詐欺の電話の録音です。


事案の概要

 1 男性宅へ県教委を名乗る者から、娘(教師)が生徒にケガをさせたと電話がくる。

 2 校長を名乗る者は「大事にしたくないので、和解で解決したい」と男性に伝える。

 3 弁護士を名乗る者から「和解金を郵便局から振り込め」と指示される。


音声の再生方法

 音声ファイルをダウンロードした後、お使いの再生ソフトで再生してください。

 音声ファイルは「MP3」形式で、サイズは約5MBです。

 ファイルサイズが大きいので、ご利用のインターネット環境により、ダウンロードに時間が掛かる場合があります。



 音声ファイルのダウンロードはこちら(MP3:5MB 約23分間の音声です)

 ※「対象をファイルに保存」を選択してください。