トップ > 交通 部  > 交通企画課  > 安全教育係

安全教育係

安全教育係

■「歩行者保護実践モデル事業所」ついて

信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査の結果、青森県における一時停止率は2.1%と、全国平均(8.6%)を大きく下回り、全国ワースト5位という結果に終わりました。(平成30年一般社団法人日本自動車連盟調べ)
県内の事業所の中には、普段から交通安全意識が高く、事故率・違反率の低い事業所があり、そのような事業所に対して、更に他の事業所や一般ドライバーの模範となってもらうよう、「歩行者保護実践モデル事業所」として委嘱し、
  ○ 横断歩行者の保護(横断歩道前での原則、一時停止の徹底)
  ○ 薄暮時間帯におけるライトの早め点灯の実践
  ○ 夜間時間帯におけるハイビーム走行の励行(こまめな切り替え)
を実践してもらい、歩行者事故の抑止を図ります。
委嘱期間は令和元年8月1日から令和2年7月31日までの1年間となり、県内74事業所が「歩行者保護実践モデル事業所」に参画していただいております。


PDF

歩行者保護実践モデル事業所参画企業一覧(PDF:51KB)





■「自転車運転者講習制度」について

平成27年6月1日から「自転車運転者講習制度」が始まりました。
信号無視や一時不停止など、特定の危険行為をして、3年以内に2回以上検挙された自転車運転者に対して、青森県公安委員会が「自転車運転者講習」の受講を命令します。
受講命令に従わず、講習を受講しなかった者は「5万円以下の罰金」の対象となります。


PDF

危険行為を繰り返した自転車運転者に安全講習の受講が義務化(PDF:153KB)




■自転車クイズ

自転車にもルール・マナーが存在します。

めざせスマートサイクリスト!

→自転車クイズのページに移動する



■「交通安全ふれあい号」の紹介

当課では、交通安全シミュレーターを登載した車両を準備しています。駐車場で交通安全シミュレーターを利用した交通安全教育ができます。

→ふれあい号紹介のページに移動する



■通学路時間規制マップ(青森市、八戸市、弘前市)

青森市、八戸市、弘前市の「通学路時間規制マップ」を掲載しています。
「通学路時間規制マップ」とは、指定された時間帯(主に登下校の時間帯)は、許可証を持たない車両は通行できない道路をマップにしたものです。
ご自分の通勤経路等になっていないか、確認してみましょう。
  ※規制時間については、区間によって異なります。

 ○ 青森市(平成25年10月現在)

   ☆
PDF

青森市1(PDF:2,421KB)


   ☆
PDF

青森市2(PDF:577KB)


   ☆
PDF

青森市3 (PDF:369KB)


   ☆
PDF

青森市4 (PDF:396KB)



 ○ 

PDF

八戸市(平成27年1月現在)(PDF:1,263KB)



 ○ 弘前市(平成27年1月現在)

   ☆
PDF

弘前市1 (PDF:4,120KB)


   ☆
PDF

弘前市2 (PDF:4,026KB)


   ☆
PDF

弘前市3 (PDF:4,190KB)


   ☆
PDF

弘前市4 (PDF:4,187KB)



 ○ 
PDF

通行禁止道路通行許可申請の方法(PDF:652KB)



 ※その他交通規制など、詳しくは交通規制課のページをご確認ください



■その他交通安全教育資料

 ○自動車関係

  

シートベルト着用状況


  
PDF

チャイルドシート全国調査結果(PDF:267KB)



 ○交通関係統計資料

  
PDF

平成28年交通年鑑あおもり(PDF:2,487KB)