自転車は子供から高齢者まで誰もが手軽に利用できる乗り物ですが、道路交通法上は「軽車両」、つまり「車の仲間」に分類されます。
したがって基本的なルールは自動車の運転者と同じです。
また自転車利用者が守るべきルールをまとめたものとして、「自転車安全利用五則」があります。
自転車を利用するみなさんは、交通ルールをしっかり守り、一人ひとりが思いやりを持った「スマートサイクリスト(賢い自転車利用者)」を目指しましょう。

 

自転車安全利用五則

1

自転車は、車道が原則、歩道は例外

2

車道は左側を通行

3

歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4

安全ルールを守る

  • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5

子どもはヘルメットを着用

万一の交通事故に備え、自転車保険に加入しましょう