公安委員会定例会議の開催概要


開催日時 平成29年5月30日(火) 10時00分 〜 13時35分

1 議題事項

 (1) 平成29年度における留置施設の実地監査計画について 

  県警察から、「平成29年度における留置施設実地監査については、6月1日から12月28日までの間、県下18警察署に対し実施予定である。実施項目は大きく2点あり、1点目は、留置施設の管理運営に関すること、2点目は、被留置者の処遇に関することであり、それぞれ実施細目・重点項目について、関係者からの聴き取り、書類閲覧、実地視察の方法で監査を実施予定である。本年度の実地監査計画について審議願いたい」旨の説明があり、審議の結果、了承した。
  委員から、「留置担当官のメンタルな面についてもケアしていただきたい」旨の発言があった。

 (2) 「ストーカー行為等の規制等に関する法律の規定に基づく青森県公安委員会の事務の委任に関する規則」の制定について

  県警察から、「ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律が平成28年12月14日に公布され、改正法第2条の規定による改正後のストーカー行為等の規制等に関する法律第17条の規定が本年6月14日から施行されることに伴い、公安委員会の権限に属する事務を警察本部長及び警察署長に委任するため制定するものであり、審議願いたい」旨の説明があり、審議の結果、了承した。

2 報告事項

 (1) 平成29年4月中の苦情取扱状況について

  県警察から、平成29年4月中の苦情取扱状況について報告があった。
  委員から、「不適切な対応については、具体的な対応方法を指導するなどして再発防止に努められたい」旨の発言があった。

 (2) 青森県警察オープンキャンパス2017の開催について

  県警察から、「6月10日、青森県警察学校において、警察業務を実際に体験し、同年代の警察職員と会話することで、「青森県警察で働きたい」と感じてもらい、優秀な人材の確保につなげることを目的に、オープンキャンパス2017を開催する。当日は、採用コンシェルとのフリートーキング、捜査シミュレーション体験を実施予定である」旨の報告があった。
  委員から、「多くの方に体験してもらえるよう幅広く広報していただきたい」旨の発言があった。

 (3) 大規模災害警備に伴う非常招集訓練の実施結果について

  県警察から、「5月9日、警察本部において大規模震災発生時における迅速な情報伝達と災害警備体制の確立、参集時における被災情報の共有、災害警備本部各班の任務等の確認を目的に、非常招集訓練等を実施した。訓練には、本部長・各部長以下災害警備本部要員188人が参集した。今後も、ブラインド方式による各種実戦的訓練を継続していく」旨の報告があった。
 委員から、「災害発生時に適切に対処できるよう訓練を継続していただきたい」旨の発言があった。