公安委員会定例会議の開催概要


開催日時 平成29年1月27日(金) 10時00分 〜 13時00分

1 議題事項

 (1) 「青森県警察職員定員条例」の一部改正(案)について

  県警察から、「平成29年度政府予算案が閣議決定され、本県警察官が増員されることから、「青森県警察職員定員条例」を一部改正する条例案を議会に提出するので審議願いたい」旨の説明を受けた。
  委員から、「手続を進めていただきたい」旨の発言があり、審議の結果、了承した。

 (2) 平成28年度第3・四半期監察実施結果等について(抜粋)

  県警察から、「平成28年度第3・四半期における監察課が実施した総合・随時監察の実施結果は、一部所属において指摘・指導事項があったが、概ね良好であった。また、警察庁、東北管区警察局による総合・随時監察では、指摘・指導事項はなかった」旨の説明があった。
  委員から、「推奨すべき良い事例については、各警察署にも周知していただきたい」旨の発言があった。

2 報告事項

 (1) 平成28年12月中の苦情取扱状況について

  県警察から、平成28年12月中の苦情取扱状況について報告があった。   

 (2) 平成28年中における情報公開条例及び個人情報保護条例に基づく開示請求等の状況について

  県警察から、「平成28年中の情報公開条例に基づく開示請求及び個人情報保護条例に基づく開示請求は、公安委員会に対してはなく、警察本部長に対するもののみであり、それぞれ99件、17件であった。また、不服申し立てはなかった」旨の報告があった。

 (3) 平成28年度留置施設実地監査の実施結果について

  県警察から、「平成28年度の留置施設実地監査は、実地監査計画に基づき、平成28年6月から12月までの間、県内18警察署を対象に実施した。実施項目に基づき、関係者からの聞き取り、書類の閲覧及び実地の視察を行った結果、一部所属において指摘事項が見られたが、概ね良好であった。今後も被留置者事故防止及び留置施設の秩序維持に努めていく」旨の報告があった。
  委員から、「災害発生時に備えた訓練は、今後も継続願いたい」旨の発言があった。    

 (4) 駐在所の新設及び新築について

  県警察から、「八戸警察署白山台駐在所が新設され、2月17日から運用を開始する。管内には、小中学校が1校ずつあるが、4月から小学校が1校増えるほか、大型商業施設も有り、今後も人口増加が見込まれる。また、十和田警察署十和田湖警察官駐在所が、築44年経過していたことから、新築され2月15日から運用を開始する」旨の報告があった。

 (5) 殺人未遂事件被疑者の逮捕について

  県警察から、「1月20日、八戸市において発生した殺人未遂事件について、被疑者を1月22日に通常逮捕した」旨の報告があった。    

 (6) 平成28年中における自動車運転代行業の認定状況等について

  県警察から、「平成28年中における自動車運転代行業の認定状況は、新規認定件数は9件、認定証返納件数は13件であった。この為、県内の自動車運転代行業者数は、12月末現在195業者となった。また、平成28年中における自動車運転代行業が第1当事者となった事故は、8件発生している」旨の報告があった。 

 (7) 平成28年中における機動警察通信隊の活動状況について

  県警察から、「平成28年中における初動警察通信活動等の出動件数は、67件で前年比プラス30件であった。また、カメラ設置活動は、16件で前年比マイナス5件であった。今後も、県警察のニーズに即した活動を推進していく」旨の報告があった。